医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Case

全身歯科治療の治療例 15

歯科金属(アマルガム除去)と、
ゴールドのブリッジの除去
(不適合歯科金属・歯と歯の連結)
で、
原因不明の不調が
完治
した症例

治療日:平成26年(4年前)/平成30年6月8日

患者様インタビュー動画

動画を再生する

動画内の会話を読む

  • 平成30年6月8日、4年前、平成26年にアマルガムを除去して4年経ちましたけど、身体のどこが改善しましたか?

  • いろいろな症状が出ていました。
    心臓が急に動悸が起こりますねんね。寝てるとき、車の運転をしているとき、テレビを見ているとき、脈が取れないくらいに動悸が起こります。
    そういった症状が全く起こらなくなりました。

    急に鼻血が出たりしていました。それも無くなりました。
    鼻血はかなりの量で出ていました。4日続けて出たことがありました。
    三木市の市民病院でずっと診て頂いていたんですが、今回はここでは処置ができないから救急車を手配するから神戸医大に行ってくれと言われ、神戸医大まで行って鼻血を止めて頂いたこともあります。

    運転していても、テレビを見ていても鼻の下が温いなと思ったら血がドロドロっと出るんですね。そういったことがしょっちゅうありましたが、もう、全く鼻血も出なくなりました。

ゴールドのブリッジ(歯科金属)の除去・当日

  • 平成30年6月8日(左上の)ゴールドが見栄えが悪いし、繋がっている(繋がっていることが身体に悪い)ので今日取りますね。
    今、左肩が凝っているんですね。

  • 左肩です。

  • 首を回して回りにくいですか?張りがありますか?上を向いてください。どうですか?

  • 大丈夫です。

  • 左肩が凝っているのを自覚できますか?

  • 肩が痛いんです。歩いたりするとこっち(左肩)だけが疲れてきます。

  • それはね、左(左上)のブリッジが反応しているんで今からそのブリッジを取りますね。

    *
  • 左上)2・3・4のゴールドのブリッジを外しました。
    今、(ゴールドのブリッジ)を外したんですが肩の感じ(違いが)分かりますか?
    肩を回してみてください、どうですか?

  • あまり分かりません。

仮歯作製(約15分経過)

  • 今(先程)ね、(左上)2・3・4のゴールドのブリッジを外した瞬間は分からなかったけれど仮歯を作り終わって(約15分経過)どうですか?

  • 明るくなりました。気持ちがさわやかになったような気がしますね。
    肩は軽くなりました。なんかふわふわと抵抗感なく感じます。

  • ゴールドのブリッジをブリッジを外した瞬間は分からなかったけれど仮歯の作成の時間(約15分)をおいたら変わってきましたね。

治療3日後

  • 平成30年6月11日、この前の金曜日(平成30年6月8日:3日前)、左上の2・3・4の(ゴールドの)ブリッジを外して、(身体の)変わったところありますか?

  • 口の中が乾くことをドライマウスって言うんですかね、(ゴールドのブリッジを)外してから明くる日から乾かなくなって、唾液が良く出るようになってそんな感じがハッキリと出ています。いいように(いい意味で)

    しょっちゅう、(唾液を良く出して口の中が乾かないように)ガムとか噛んでたんですが、金曜日の明くる日から、土曜日、日曜日、今日も(ガムを)噛んでいないです。

  • 3日間ですね、普通(正常:健康)に戻ったんですね?左肩の方はどうですか?

  • 左肩の方は、この前も言いましたように、歩きかけたら10分位経つと鉛で押さえられているようにズキッと痛くなってたんです、もう何年も。

    それが明くる日、土曜日、日曜日と今日はまだ歩いていませんが、以前のような症状が全くなくなっています。
    1時間ほど歩くんですが

  • (今までは歩くと)10分で痛くなってたんですね。

  • はい。今までは(10分歩くと左肩が)重くなってたんです。
    このように(左肩を)クルクル回しながらなんとか歩いてたんですけど。

    (左上のゴールドのブリッジを)外していただいてから土曜日、日曜日と2日間歩いているんですが、それが感じなくなりました。

    今、現在も全ての症状は再発していません

治療後

  • 4年前にアマルガムを外して身体が良くなったんですがもう一度詳しく教えてください。

  • アマルガムの症状だというのが(最初は)分からなかったのですがいろいろな苦しみの毎日を送ってましたです。

    心臓の動悸がテレビを見ている時、夜に寝ている時、車の運転をしている時、脈が取れないくらいの動悸が起こって、その時にもの凄く嫌な気分になるんですね、その気分が深呼吸したりしたら治まるときもあるんですが、治まらない時は救急車を呼んで近くの病院も、大きな病院も何度も行ったことがあるんですけれど。

    そこに着いて、症状を色々言うと検査をしましょうと、心電図とか、レントゲンとか色々な検査をするんですがどこも悪くないんですね。
    1時間ほど点滴したりして……手当、処置などすることがないから帰ってくださいと言われて。
    それを何べんも何べんも(何回も、何回も)繰り返していました。

    時には鼻血がテレビを見ている時、なんかボトボトットとバーッと鼻血が出るんですね。
    車を運転している昼間も鼻血が出ます。

    4年ぐらい前でしたか、いや、4年じゃないです、アマルガムを外す前ですから5年か6年前ですね。4日間続けて鼻血が出たんです。
    それも近くの病院へ行って鼻血を止めてもらっていたんですが、近くの病院では止血ができないということで病院の方から救急車を呼ぶから神戸医大へ行ってくれと言われて神戸医大に行って鼻血を止めて頂いたこともあります。

    鼻血もアマルガムを取るまでは何度も苦しみましたけどアマルガムを外していただいてから(4年経過)は鼻血が一度も出ておりません。

  • 動悸と鼻血で凄く苦しめられて、救急車を呼んだり、大病院に行ったり、してましたけど、アマルガムを外してからはどうもない(問題がない。つまり治った)ということですね。

    アマルガムを外して4年経って定期検診の時に金曜日の時に左上の金属(ゴールドのブリッジ)を外すことになってその前(左上のゴールドのブリッジを外す前)に肩こりが良くなるんと違いますかということで。

    肩こりが(左上のゴールドのブリッジを)外した瞬間に、いや10分~20分経ってから仮歯を作っている間に良くなって、それ以外に(肩の凝り以外に)喉の、口の渇きが改善したということですね。

平成26年(4年前):
当院での治療内容・改善

主な症状

  • 救急車を何度も呼ぶような心臓の動悸
  • 市民病院から大学病院に救急車で搬送されるくらいの止血困難な原因不明の頻繁に起こる鼻血

主な治療内容

  • 歯科金属:アマルガムを除去

改善点

  • 急な動悸が起こらなくなった
  • 全く鼻血も出なくなりました

原因不明の症状が完治しました

アマルガムとは?
  • 約50%が水銀の銀色の日本の保険適用歯科金属(平成16年3月迄)
    海外では使用禁止している国(スウェーデン・デンマークなど)がある。
    詳しく見る
    *
  • アメリカでは体温計が割れる(水銀が拡散)と学校が休校になります。
    詳しく見る
  • 口腔内のアマルガムを無防備に外すと危険です!
    アマルガムに約50%含まれる水銀が、切削ドリルの摩擦熱で気化して水銀蒸気を発生。吸入すると危険です!

    安全なアマルガム除去とは?

    • 個室(水銀蒸気の拡散を個室内に留める)
    • 排気口が屋外に向いた口腔内バキューム(水銀蒸気を吸引して屋外に排気)
    • ラバーダム(ゴムのシートでアマルガム削片の誤飲防止)
    詳しく見る
  • 使用説明書、安全データシートにも明記されているアマルガムの恐ろしさ
    歯科医院が歯科材料店から購入した時に付いてくる使用説明書、安全データシートには、とても口の中には入れるものとは思えない恐ろしい内容が書かれています。
    • 分類の名称:毒物
    • 吸入すると有害
    • 患者に誤飲することなく、素手では取り扱わないこと、加熱しないこと
    • 漏れ出た時、保護具を着用し、風上に回って作業をすること、決して風下で作業しないこと… など
    詳しく見る
  • 水銀中毒の症状
    アマルガム除去後の改善率。
    詳しく見る
  • オリゴスキャンで、数分で体内の必須ミネラル・有害ミネラルが測定可能!
    今現在、口腔内にアマルガムが無いからといって安心できません。過去に安全にアマルガムが除去されていなければ、体内に有害ミネラル・水銀が侵入して蓄積しているかもしれません?!
    詳しく見る
  • 併設内科で安全に排毒
    安全にアマルガムを除去した後に、体内に蓄積した水銀やその他の有害ミネラルを安全に排毒します。
    食事、サプリメント・点滴・腸内環境の改善 etc
    併設の内科にて治療いたします。
    詳しく見る
  • 当医院は様々な雑誌や書籍にアマルガムの危険性・安全な除去法などに関しての取材を受け情報を提供しています。
    詳しく見る

平成30年:
当院での治療内容・改善

主な症状

  • 頻繁にガムを噛まなければならない程の口腔内の乾燥
  • 毎回、歩き出すと10分で鉛で押さえられたようにズキッと左肩が痛む

主な治療内容

  • 不適合歯科金属であり、歯と歯を連結していたゴールドのブリッジを除去

改善点

除去直後

  • 自覚症状の変化無し
*

*

15分後

  • 自覚症状の変化有り

*

除去から3日後

  • 治療の翌日から、ガムを噛まなくても口が乾かない
  • 治療の翌日から、1時間以上歩いても左肩の痛みが全くない

今、現在も全ての症状は再発していません

当医院ではアマルガム(約50%水銀含有の毒性歯科金属)、パラジウム(ドイツでは使用しないように勧告)などの不適合歯科金属や樹脂の除去で原因不明の身体の症状が瞬時に改善をしている症例を多数経験しています。

  • なるべく連絡しない治療について
  • アマルガム・ニッケルクロム合金・銀合金・金銀パラジウム合金・金合金・チタンそれぞれの歯科金属の害
肩こり、腰痛、関節痛、頭痛、不眠、慢性疲労、イライラ、アレルギー、
掌蹠膿疱症、電磁波過敏症、高血圧etc…

口腔内の歯科金属や樹脂(レジン:化学物質)を除去したり、噛み合わせを改善したり、入れ歯の形を改善することで身体の症状が改善します。
また、歯を削らずに身体の調整をすることで噛み合わせが改善し、結果的に全身の症状が改善することがあります。
歯磨き剤(経皮毒:化学物質)の改善や虫歯菌・歯周病菌などの悪玉細菌の除去でアレルギーや全身症状も改善します。