医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Metal

全身に症状を引き起こす金属歯科材料

銀歯が体に悪影響
およぼしていた?

実は、歯の詰め物の金属が体に合っていない場合は、
全身の疲れやだるさの原因になることがあります。

  • 歯科金属による
  • 3つの害

CHECK口腔内で歯科金属が「溶ける」「電流を発生させる」「電磁波を集める」ことをご存知ですか?

全身に症状を引き起こす
金属歯科材料

保険歯科金属

保険外歯科金属材料

  • 医科歯科連携による金属・歯科アレルギー治療 専門サイト

    CHECK金属アレルギー 歯科材料が原因かもしれません

身体に無害な治療方法は?

ノンメタル治療

*

身体に優しく、見た目もナチュラルな歯科治療として、ノンメタル治療が雑誌やマスコミで話題になっています。
一般的なノンメタル治療とは、口腔内の歯科金属を除去して、セラミックス、樹脂(レジン)、ハイブリッドセラミックス(セラミックスと樹脂の混合物)、グラスファイバー、ジルコニアなどの金属を使わない歯科材料に置き換えていきます。
しかし、樹脂(レジン)やハイブリッドセラミックス(レジン含有)は化学物質(ケミカル)です。
セラミックスを歯に付ける接着剤(レジンセメント)も化学物質です。
当院では、人体にとって有害な化学物質を最小限に抑えたノンメタル・レスケミカル治療を目指しています。
レジン(樹脂=化学物質)、ハイブリッドセラミックス(樹脂を含有している=化学物質)などの化学物質を含有する歯科材料をなるべく使わない治療、また、化学物質である接着剤の量を極限まで減らすためにデジタルラボ(セラミックス専門の技工所)がセラミックスの適合を追求するなど身体に優しいノンメタル治療を追求しています。
歯科材料は身体の一部です。口の中の歯科金属は身体に有害ですが、レジン系の歯科材料も有害です。
アレルギーや肩こり、頭痛、慢性疲労など体調不良がある方には当院のノンメタル・レスケミカル治療がお勧めです。

自費の金属(高カラット金プラチナ合金)

当院では基本的にこの治療法をおすすめ致しますが、ノンメタルよりも自費の金属(高カラット金プラチナ合金)の方が身体に合う方もいらっしゃいますので、まずはご相談いただき患者さんとよく話し合い、ベストな治療計画を立てていきます。

  • 金属が溶けて体内に水銀がめぐる危険性去

    CHECKなぜ金属歯科材料悪影響をおよぼすのか?

  • 金属歯科材料が電流を起こす危険性
  • 歯科材料が電磁波のアンテナになる危険性

世界的に注目されている「毒性歯科金属の除去」

*

新聞広告:「病気にならない人は知っている」

スイスのパラセルサスクリニックでは、アマルガムやパラジウムなどを除去するために世界中から患者が訪れ、ガンなどの難病や慢性病が改善したという例が驚異的な確率で報告されています。
また、世界的に大ベストセラーとなった著書「病気にならない人は知っている(ケヴィン・トルドー著/幻冬舎)」でも、歯の金属の害や、歯磨き粉の害が指摘されています。

自費の金属(高カラット金プラチナ合金)

その他にも、「口の中に潜む恐怖―アマルガム水銀中毒からの生還(ダニー スタインバーグ著)」でも、アマルガムを取ることで、様々な症状が改善しているという事実が紹介されています。

  • 「歯科」は現代医学の盲点です。

金属歯科材料以外の原因の場合も
あります

  • *

    咬み合わせ
    咬み合わせの異常が引き金となり、体の上から下へと順にズレが伝わり、その過程でさまざまな症状が起きていきます。ひどくなると、神経系統やホルモン系統に異常が発生し、生体のバランスが崩れることもあります。
  • *

    口腔内細菌(歯周病)
    歯周病菌は、高血圧、糖尿病、心疾患、動脈硬化、早産、肺炎、癌などの全身疾患との関連がわかっています。ニューヨークタイムスや日本の新聞各社が取り上げてから、話題になっています。
  • *

    病変(病巣)
    歯の根の先が虫歯菌に感染した場合に行う根管治療は困難で、失敗した場合に多発性硬化症やルー・ゲーリック病などの自己免疫疾患にかかってしまうリスクがあります。
  • *

    経皮毒

    シャンプーやリンス、ボディソープ、洗濯用洗剤、歯みがき粉には、わずかな有害化学物質(経皮毒)が含まれており、アレルギー疾患や喘息、薄毛、癌、婦人科疾患などを引き起こすとされています。

    このYOU TUBEの動画をご覧ください。

  • 歯を削らない咬み合わせ治療

金属アレルギー症状改善事例

症例の掲載は患者様許可済み
歯科が盲点となっている原因不明の様々な症状で苦しんでる方々に少しでもお役に立てばと
患者様のご好意で、許可を頂き掲載しています。

映像で見る改善例

アトピー性皮膚炎の症状改善例

  • 時間経過 症状改善例写真
  • 時間経過 症状改善例写真
  • 時間経過 症状改善例写真
  • 時間経過 症状改善例写真
  • 時間経過 症状改善例写真

掌蹠膿疱症の症状改善例

  • 時間経過 症状改善例写真
  • 時間経過 症状改善例写真
  • 医科歯科連携による金属・歯科アレルギー治療 専門サイト

    CHECK皮膚科へ行っても治らないアトピー性皮膚炎は、歯科材料が原因かもしれません。