医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Metal

全身に症状を引き起こす金属歯科材料

保険内歯科金属材料

ニッケルクロム合金

*

ニッケルクロムは、超微量なら必須ミネラルとして身体に必要な物質なのですが、かたまりで入れてしまうと多すぎるため発ガン性物質となり、諸刃の剣です。
そのような危険のある金属は、歯科金属としての使用に適していません。
EUの規制に先行して、クロムを含む材料の使用をソニーが全廃します。
当院ではニッケル・クロムの金属を外した瞬間に、それまで長年苦しんでいた症状が改善したケースがたくさんありますので、まずはご相談ください。

銀合金

*

銀合金と同じ成分で銀の食器やアクセサリーを想像してみてください。
時間が経つとすぐに色が黒ずんできてしまいますよね?あれと同じことが、銀合金の金属でも起こります。
口の中は、常に湿っていていつも高い温度が保たれています。
酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、歯ぐきを黒く変色させたり、溶出の危険があるため、歯科金属としては使うべきでないと当院では考えています。
当院はもちろん、他院でも口の中にある銀合金を取ることで、症状が劇的に良くなっている人が大勢いらっしゃいますので、是非ご相談下さい。

金合金

*

金の場合、24Kが純金です。たとえば18Kなら、24K-18K=6K この6K分が金以外の成分です。この残りの金属が上記記載の金属であったり身体に合わないことがあります。
また、純金でも金やプラチナにアレルギーがある人も中にはいます。
当院では14K・18K・20Kなどの金合金の金属を外した瞬間に、それまで長年苦しんでいた症状が改善したケースがたくさんありますので、まずはご相談ください。

チタン

*

フッ素により金属イオンとして溶解し、アレルギーを引き起こす可能性があります。
身体によい優れた材料のように言われていますが、利点の「硬い」ということが歯科においてはデメリットになっています。 また、対合歯(噛み合う相手の 歯)を傷めたり、取ろうと思ってもなかなか除去できなかったり、アレルギーは減りますが、電磁波を集めるという負の特性があります。
当院はもちろん、他院でも口の中にあるチタンを取ることで、症状が劇的に良くなっている人が大勢いらっしゃいますので、是非ご相談ください。