医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

医科に行っても治らない辛い症状や病気…、原因は歯科の領域にあるかもしれません。

歯と全身の、深い関わり。「全身歯科治療」

身体に優しい医院建築。内科併設医科歯科連携治療が可能。

*
  • 設計段階から取り組んだ感染対策*
  • 「新型コロナ」「インフルエンザ」にも効果的な10の院内感染予防*

「歯科領域の原因」を考えましたか?

  • 原因不明で
    なす術がなく
    お困りの方

    *
  • 辛い症状を抑える
    対症療法を
    続けている方

    *
本来口腔内には
存在しなかったもの
だから、取り除くのが自然な考えです。
歯科金属、化学物質、細菌

本来、生まれてきた時には口腔内には存在しなかった歯科金属、詰め物の樹脂や歯磨き剤の合成界面活性剤などの化学物質、虫歯菌、歯周病菌などの細菌が口腔内に存在し続けて、口から離れた全 身に悪影響を及ぼしているかも知れません。
医科や様々な治療を試みても治らず、辛い症状を抑え続けていく対症療法を続けていくなら、最後の最後にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
一番治したい主訴が解決しなくても、身体にとっては凄く良い事です。健康増進、アンチエイジングの観点からみても大変有効ですし、様々な身体の思いもしなかった症状が改善するかも知れません。このことが今の医学では盲点となっているのです。本来の自然な状態に戻すだけです。

注意

ちょっと待ってください
まずは、"医科"を受診して下さい。
解決しない時は、セカンドオピニオン、サードオピニオンを求めて他の医院を受診して下さい。
医科や、他の治療で解決しない時に最後の最後に歯科の領域を疑って下さい。

歯と身体の症状は繋がっていること、
ご存知ですか?

「口腔内の問題」から発症する
「全身の症状・病気」

結果(症状):全身の症状・病気

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 不眠
  • 慢性疲労
  • イライラ
  • 耳鳴
  • めまい
  • 腰背痛
  • 動悸
  • アレルギー
  • 電磁波障害
  • 心疾患
  • 脳疾患
  • 高血圧
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • アルツハイマー
  • 早産
  • ガン etc...

特に金属!

口腔内毒性歯科材料

歯科治療により口腔内に設置された「歯科材料」が、どのような素材か?身体・健康に影響はあるのか?
みなさんは詳しくご存知でしょうか?

  • 金属

水銀を約50%含有する猛毒歯科金属アマルガム

アマルガムとは:動画で紹介

アマルガムを削る際に発生する水銀蒸気、妊娠時の胎児への影響、その他全身に現れる症状などが分かりやすくまとめられた動画です。口腔内に水銀がある恐ろしさに気がついてください。

約50%が水銀(猛毒)口腔内に潜む恐怖「アマルガム」とは?

ご存知ですか?

歯科金属の害は
アレルギーだけではありません!

歯科金属は金属イオンとなって溶解しアレルギーを引き出すだけでなく、
口腔内電流を発生させ自律神経系を乱したり、身の回りの電磁波を集積し電磁波障害を引き起こしたり、
原因を自覚しづらい症状を引き起こすことがあります。
中垣歯科医院では専門の測定器により、「原因不明の身体の不調」として諦められがちな症状を、歯科の観点から検査します。

専門測定器で不調の原因を
突き止めます!

  • 歯科金属が 溶解する?

    *

    口腔内は湿潤状態であるためイオン化傾向の差により電池と同様の作用で歯科金属が金属イオンとして溶解し、アレルギーを引き起こしたり、臓器に蓄積し、身体に悪影響を及ぼしています。

    お勧め検査01

    測定5分/54項目
    体内の有害金属、
    必須ミネラルを瞬時に測定
    オリゴスキャン
    手のひらにセンサーをあてるだけで、必須・参考ミネラル、体内に蓄積した有害金属など計54もの項目を5分で測定します。 髪の毛や爪を切ったり、血液を抜いたりする必要はありません。主に組織中の各ミネラルの特有の波長(色)を測定し、定量測定を行います。毛髪検査のように「過去の状態」では無く、今現在の身体のミネラル状態を短時間で測定することができます。
  • 歯科金属から 電流が発生?

    *

    口腔内に歯科金属があると、電池と同様の原理で口腔内電流(ガルバニック電流)を発生させ、自律神経(交感神経・副交感神経)を乱し、様々な不定愁訴を引き起こすことが分かっています。

    お勧め検査02

    *
    口腔内電流放電測定器機能付きゼロテクター・
    オーラルテクター
    口腔内に歯科金属があると、電池と同様の原理で口腔内電流(ガルバニック電流)を発生させ、自律神経(交感神経・副交感神経)を乱し、様々な不定愁訴を引き起こすことが分かっています。放電機能付き口腔内電流測定器「ゼロテクター」や「オーラルテクター」を使用し、歯科金属に溜まった電流を放電します。これにより頭痛や肩こりなどの症状が改善すれば、症状の原因が口腔内電流であったと診断できます。
  • 歯科金属が 電磁波を集める?

    *

    歯科金属は、アンテナの役割を果たし周囲の電磁波を集積してしまいます。

    お勧め検査03

    *
    電磁波過敏症を測定・治療レヨコンプ
    ポラー 1000
    歯科金属は、アンテナの役割を果たし周囲の電磁波を集積してしまいます。レヨコンプ ポラーは、波動療法という「目に見えないエネルギー」を利用して、身体の不調を整えます。エネルギー(気)の流れの滞りを測定し、さらにエネルギー(気)の流れを整えることもできるレヨコンプは別名気功マシンともよばれています。
  • お勧め検査04

    *
    自律神経測定器APGハートレーター
    口腔内に歯科金属があると、電池と同様の原理で口腔内電流(ガルバニック電流)を発生させ、自律神経(交感神経・副交感神経)を乱し、様々な不定愁訴を引き起こすことが分かっています。ハートレーターは、指先から発生する微細な生体信号から「心拍間変異度」と「加速度脈波」を測定し、ストレスの度合いや末梢血液循環状態(血管年齢など)を同時に測定します。さらに身体のコントロールを効率的に行なえる「呼吸訓練療法」の機能も搭載しています。

目に見えない「細菌」の
検査

血流に乗って全身を巡り(菌血症)、全身に様々な症状や病気を起こす(病巣感染)
細菌の検査を行います。

歯周病治療にむけて

  • 位相差顕微鏡検査
    *

    歯周病菌の感染状態を調べます。

    *

    歯周病になると、口の中にこのような細菌が住み着きます。

  • 遺伝子検査
    リアルタイムPCR法
    *
    歯周病菌の中でも特に歯と全身に悪影響を与えると言われている極悪細菌種の感染の有無、程度を調べます。

失活歯の治療にむけて

  • 根管内嫌気培養検査
    全身に悪影響を与える根管内の嫌気性菌(酸素を嫌う細菌)を、酸素の無い状態で培養する器械を使用して、根管内が無菌になったかどうかを調べます。
    *

    チェアーサイド根管内嫌気培養器

    消毒/培養検査を繰り返し無菌になったことを確認して治療完了とする
  • オロトックステスト詳しく見る
    *
    身体に悪影響を与える失活歯(根管治療をした歯・神経の死んだ歯)を抜歯するべきかどうかを判定するテストです。
    失活歯から発生する揮発性硫黄ガスを測定し、基準値を超えると身体の健康のために抜歯を検討します。
失活歯とガンとの関係
に関する報告
Thomas rau(Paracelsus Clinic)の報告
乳ガン患者の98%(147名/150名)に1本以上の根管治療した歯が存在していた。全てのガンはそれらの歯と同側の乳房に存在していた。
ここで注目すべきはエンド病変とガンや心臓疾患との関係性ではなく、根管治療を行った歯牙とガンに正の相関関係があるという点である。
Josef Issels(Issels Integrative Immuno-Oncology Center)の報告
40年間のガンの終末期の患者を調べたところ、97%が根管治療を経験していた。
著書Immunotheraphy in Progressive Metastatic Cancerの中で、ガン治療の前に根管治療などの口腔内のガンの原因として疑われる部分の撤去を基本治療として挙げている。
Robert Jones(University of Glasgow)の報告
300症例の乳ガン患者の5年間の追跡調査の結果、以下のことが判明した。
乳ガン患者の93%は根管治療の歯が存在した。残り7%の患者にも口腔内に何らかの病変が存在した。殆どの症例でガンが存在する乳房と同側に根管治療した歯や病変が認められた。

歯と身体を治療する中垣歯科医院 専門サイト

  • もう入れ歯で失敗させない「大阪入れ歯治療」専門サイト
  • 予防に重点をおいた歯科治療「中垣歯科医院」オフィシャルWEBサイト
  • 100%ジルコニアの非金属「インプラント治療」専門サイト
  • もう入れ歯で失敗させない「大阪入れ歯治療」専門サイト
  • 予防に重点をおいた歯科治療「中垣歯科医院」オフィシャルWEBサイト
  • 100%ジルコニアの非金属「インプラント治療」専門サイト

身体のエネルギーバランスを測定し診断する医療機器EAV※ を開発したドイツの著名な医師
Dr.ライン・ホルト・フォルは以下のように述べています。

慢性的な症状や疾患は大なり小なり
約8割が歯科領域の問題と関係しています

近年、歯周病菌が全身疾患(糖尿病、心疾患、脳疾患、肺炎、高血圧、早産、アルツハイマー、動脈硬化など)と関係していることは徐々に知られてきています。また、歯の噛み合わせが姿勢や運動能力と関与していることも徐々に知られてきています。

※EVA:ヨーロッパでは50万人もの医師が使用し、身体の診断や最適な薬品を選ぶ医療機器として使用しています。

しかし、全身の症状の原因が「歯科」にあると気がつく人が
少ないのは何故でしょうか?

歯科は現代医学の盲点
本来なら身体は一つなのに、教育上の都合で医科(医学部)と歯科(歯学部)が分離されているので、医科と歯科の間には大きな垣根が存在しています。医科を受診するも歯科領域に原因がある場合、歯科領域の問題を考慮しないと原因には辿り着かず、辛い症状を抑え込む対症療法を受け続けていくことになります。
慢性疾患の治療を、歯科領域の原因を考慮に入れずに解決しようとしていることに問題があります。

治療の基本は原因の除去です!

原因が歯科にある場合
「歯科」の原因を解決しなければ、症状の改善はありえません。「医科」の受診だけでは、症状を抑えるだけの対症療法を受け続けていくことになります…。
*

併設内科 みきこクリニック

院長・内科医師
中垣 美紀子
  • ・日本内科学会 内科認定医
  • ・日本東洋医学会 漢方専門医
  • ・日本精神神経学会 会員
  • ・日本医療・環境オゾン学会 会員

中垣歯科で行う「全身歯科治療」とは

全身を考慮した歯科治療を、当院では全身歯科治療と名付けました。
通常の歯科治療に加えて、当院が行う全身歯科治療の主な治療は以下の3つです。

身体に良くないものを口腔内から除去

「身体に良くないもの」とは、本来、口腔内には存在しなかった「歯科金属」「化学物質(樹脂、界面活性剤)」「悪玉細菌(虫歯菌・歯周病菌)」の3項目です。

歯科金属を取り除く治療

金属を使わない樹脂をなるべく使わない

化学物質を取り除く治療(樹脂・界面活性剤)

悪玉細菌を取り除く治療(虫歯菌・歯周病菌)

これらの3つの項目は本来なら口腔内には無かったものだから、取り除くのが自然な考えです。

  • 約50%が水銀(猛毒)口腔内に潜む恐怖「アマルガム」とは?
  • You Tube:細胞間コミュニケーション口腔の健康と全身疾患

身体の歪みを考慮した噛み合わせ治療

「姿勢・重心」つまり「身体の歪み」を考慮した噛み合わせ治療を行います。当医院は日本顎咬合学会認定の噛み合わせ専門医です。

身体の歪みを考慮した噛み合わせ治療

鍼灸治療との連携

*

月に一回、世界のトップスポーツトレーナーでアメリカNO.1鍼灸師に選ばれたことのある鍼灸師白石宏が来院して治療に当たっています。

トップアスリートをサポート
当医院では世界のトップアスリートのケアーを行う白石先生の依頼を受け、プロスポーツ選手、オリンピック選手、メジャーリーガーの運動能力向上のため、噛み合わせ治療を中心とした全身歯科治療を行っています。

排毒(デトックス)

歯科由来の体内に蓄積した毒素(歯科金属、化学物質)を検査、排毒(デトックス)します。

*

内科を併設

歯科を受診後に、必要があり希望される方には、併設内科と連携した歯科治療をご案内します。併設内科 みきこクリニックでは、より効率のよい排毒(デトックス)のサポートを行っています。

「内科」「鍼灸」治療と連携し、
より有効で身体に優しい治療を目指します。

現代医療の盲点を克服するため「歯科」「医科」「西洋医学」「東洋医学」融合させた「全身歯科治療」

中垣歯科医院/みきこクリニック

Worldwide

世界では「医科」「歯科」
連携治療が始まっています

*

医療法人OMSB 中垣歯科医院

理事長・院長
歯学博士
中垣 直毅
Naoki Nakagaki
  • 日本歯周病学会認定 歯周病認定医・専門医
  • 日本顎咬合学会認定 噛み合わせ認定医
  • 国際歯周内科学研究会認定医
  • 大阪歯科大学 歯周病科 非常勤講師
  • インディアナ大学歯学部客員教授(歯周病学)
  • グアム大学 生医科学 特任教授
「歯と身体の繋がりの歴史」「海外の歯科事情」「自らの体験」「様々な検査や治療」「環境の悪さ」

スイスには、医科歯科連携治療を実践して歯科の問題点(原因)を解決することで、全身疾患の治療において優秀な成績を修めている世界的に有名な自然医療の権威パラセルサスクリニックという大病院がもう既に存在します。
当院では開院当初より「医科歯科連携治療」に注目し、院長である私もパラセルサスクリニックでの研修に参加しています。
常に世界の先端の医療にアンテナを張り、より良い歯科医療を皆様にご提供できるよう日々努めています。

  • 院長自らのある体験がきっかけに!?当院が全身を考慮した歯科治療を行うようになった理由
  • 医科歯科連携治療:パラセルサスクリニック研修記

歯と全身の関係を探る
様々な検査が充実

長年苦しんだアレルギーや体調不良の原因を、大学病院並みの検査プログラムで追求します。

歯と全身に優しい治療

常に先進の治療を取り入れるだけでなく、
歯にも全身の健康にも優しい治療を心がけています。

設計段階からこだわった

身体に優しい全身歯科治療のための建築

よりリラックスして、快適に治療を受けていただくために。
中垣歯科医院は、院内を快適で居心地の良い「イヤシロチ」空間にしています。
歯や身体を治療しても症状が良くならない場合、ジオパシックストレスやエレクトロスモッグ(電磁波)の影響を受けている可能性があります。高圧電線の近く、オール電化の家、電気カーペット、電気毛布、パソコン、スマートフォン、電気コードだらけの枕もとなど要注意です。
身近な空間にも、身体へ影響を及ぼす原因が潜んでいるのです。

「換気窓」「自然光」「個室」etc