医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Denture

入れ歯の形態

入れ歯の形態
身体に影響をもたらします

入れ歯の形態を改善すると瞬時に身体の症状が改善することがあります。
身体に合った適正な入れ歯の形態が重要です。

不適正な入れ歯を装着すると全身のバランスを崩してしまいます。

不適正な入れ歯による
悪影響の症例

症例の掲載は患者様許可済み
歯科が盲点となっている原因不明の様々な症状で苦しんでる方々に少しでもお役に立てばと
患者様のご好意で、許可を頂き掲載しています。

歯(や入れ歯)を触ると
なぜ、
瞬時に劇的に身体が
変化をするのか?

歯を触ると三叉神経を通して脳に刺激が伝わります
*

12肢ある脳神経の中で歯を司る第5肢の三叉神経は、次の図の水色の部分で脳神経の中で最大です。新しい総入れ歯を入れると三叉神経を通して刺激がダイレクトに脳に伝わります。
当院で入れ歯の調整により身体の症状が改善した患者様も、正しい入れ歯(正しい高さ、正しい形態)を入れたことで三叉神経を通して脳に正しい刺激が伝わり、その結果、脳から全身に正しい指令がでて、瞬時に身体の症状が改善したのではないかと考えられます。
【噛み合わせ治療の第一人者:藤井佳郎先生説】

歯と口腔領域を司る三叉神経
分布イメージ

*