医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Case

全身歯科治療の治療例 23

ガンの予防のために
失活歯
(根管治療を施した歯)
を抜歯

酷い生理痛を伴う子宮内膜症が良くなるとは思ってもいなかったのに
著しく改善してビックリ!
ガン治療において失活歯(根管治療を施した歯)は抜歯が原則である、
などのアメリカでの自然医療の現状も語っていただきました。

患者様インタビュー動画

動画を再生する

動画内の会話を読む

  • えぇ…私は、あの、こちらの中垣…中垣歯科に来るきっかけは、あのー、根管治療の歯が2本ありまして、それを抜こうと思って、

  • この、この歯2本ですね?(患者様:うん)これね。

  • そうです、で、それを抜こうと思いまして、どこの歯科に行ったらいいかいろいろ調べてこちらに来ることになりました。

    で、どうして抜こうかと思ったのは、私はあの海外、アメリカに住んでたんですけれども、えーそれであの、15年近く鍼灸師として働いておりました。で、その時にあの患者さん、色んな患者さん来るんですけども、癌の患者さんとかあと免疫疾患のある患者さんが沢山いらして、でどうしたらよく治療できるのかというので、色んな先生のあのセミナーに行ったり本を読んだりして、調べてきました。

    で、分かったことがあの、歯の根管治療の歯が、体、全身疾患に関わっているという事が分かりまして、であの特に驚いたのが、あのアメリカであのナチュロパスと言って、自然療法学の先生、そして医師の資格もあって、自然療法学もしてるっていう先生の…

  • ナチュロガス?

  • ナチュロパスっていうんです。
    で自然療法学で、あの高濃度免…あの…ビタミンC療法、点滴療法とかそういった治療で癌の患者さんとかを治したりとか、どこの西洋医学でも治らなかった患者さんが行くとこ、行きたどり着くところがナチュロパスっていう、あの自然療法学の先生のところなんですけども。

    そ…そこの先生であの、あの…一番感動したのが、あの根管治療の歯を抜いたら大分あのもうほとんどみなさ…皆さん良くなって改善するんです。癌の患者さんでも。であの、ジェリー…ジェリー・テナントっていう先生がいるんですけど、

  • ジェリー・テナント?

  • うん、テキサスの先生です、あの自然療法学と医師の資格を持ってる先生なんです。でその先生はもう、アメリカと海外、全国からあの癌の患者さん、あっほとんど癌の患者さんが来るんです、そこに治療しに、であの先生が言うには、97%ぐらいの癌の患者さんはもう根管治療が原因だって言うんです。で…

  • 97%?

  • うん。で、ほとんど、ほとんどの人がもうほんとに、そ、根管治療の歯、歯があることによって、あのそこ(根管治療をした歯の中)に住んでいる毒素が、あの身体に廻って癌を引き起こしたりとか、うん、身体の自然な免疫が働くことが出来なくなって癌になってるっていうので、でそれが分かったので、いくら免…あの自然療法学の治療をしても、それをまず抜かないと、あの癌は良くならないっていうので、もうその先生はあの…まず、(ジェリー・テナントのクリニックで)治療したかったら根管治療の歯を抜いてくださいって言うんです。

    でそうしたらあの、癌の治療で、あの高濃度ビタミンC点滴とか、グルタチオン療法とか、あのホメオパシー、ドイツから取り寄せてくる薬使ったりして、色んなことして、そしたら皆どんどん良くなって、治るって言うんです。

    で、私も2本根管治療の歯があって、それがずっと、ずっと気になってたんです。でやっぱり抜くのにはあの、そ、ちょっと決心なかなかつかなくて、ずっとその置いてたんですけども、まぁ日本に引っ越してきてから、あのやっぱりこれは何かあの身体に悪いものずっと置いといて、あの癌になったら怖いなって思ってたんです。

    で今の時代2人か3人に1人は癌になるっていう時代に根管治療あった為に癌に発症してしまったら怖くて、でやっぱりあのこれ抜いてしまおうと決心して、であの別にそれ悪い歯でも普通なら置いとくのが普通なんですけども、あの…決心してこちらに来て抜きました。

  • 日本中探しても無かったでしょう?歯医者さんね。

  • そうです、まずそんな歯を残さない治療っていうのがほとんどで、日本では、日本の歯科では、

  • ん?え、残さないじゃない抜かないじゃなくて?

  • え、あぁ、歯を抜かない治療、(ドクター:抜かない治療やね)うん。歯を抜かない治療(笑)ていうのがほとんどで、で…

  • どこ探しても無かったんやね。

  • 無いです。
    で私が最初に行ってた歯科でも、その根管治療の歯の話をしたらちょっと頭おかしいのかという感じで見られたので、色々調べてみましたら、中垣歯科の方のホームページにやっぱりあの、ウェストンプライス先生の話とか根幹治療が原因で色んな病気になってる話とかも載ってまして、じゃあこの先生だったら私の言うこと分かってくれると思ってこちらに来ました。

    で、あのやっぱり2本一気に抜くということで、私ちょっと怖かったんですけども、でそのまず抜いた日にすーっとなんかあの、明るくなったんです。

    うん、身体が軽くなって、外出たらもうなんか視野がほんとに広がったみたいな感じ、視力が良くなったような気がするぐらい、2本も抜いて大変な思いしたと思ったら逆になんか凄い身体がスッキリしたんです。
    (ドクター:すがすがしくなってね)
    そうです。で、あの…なんか身体調子良いですし、もうこれ抜いて良かったなと思っ、今では思うんですほんとに。

  • であの…子宮内膜症の…

  • あ、そう、あそうですそう!であの私子宮内膜症っていって、生理痛がもうほんとに、ほんっとに酷い生理痛があったんです以前。でそれは別に根管治療と関係ないと思ってたんですけれども、あのこの歯を抜いてから、それが今まで(子宮内膜症による酷い生理痛が)あったのがほんとに、市販の薬飲んでも効かないくらい酷い痛みで、(アメリカで1回、日本で1回)救急車で運ばれるくらいな痛みがあったんですけども、

  • ハワイでも1回ね、日本でも1回ね、だから2回運ばれてんね。

  • あ、はい、そうなんです。それぐらい(アメリカで1回、日本で1回救急車で運ばれるくらい)(子宮内膜症による生理痛の痛みが)酷かったんですけれども、薬も大量に飲んで、飲んで、日本でも処方してもらえないような麻薬系の薬とか飲まないと痛みが治らないぐらい酷かったんですけども、でこちらで(根管治療をした歯)歯を抜いてしばらくしてから、あの少し生理痛も楽になって、今ではほとんど薬もいらないくらい楽になったんで、それはまた自分でびっくりしてます。やっぱり身体に影響があったのかなと思って。

  • で、そこ治そう思ってなかったんやね、

  • 思って無かったです。ただ癌の予防の為に抜いたんですけど。
    うん、調子いいんです。

  • ね、ま今はちょっと…?入れ歯ね、(Kr:うーん)一時的に入れ歯してるけどね、まあそのまま入れ歯でね、いくことも出来るし、ね(Kr:はい)決心できたらね、あの…インプラントにすることも出来るんでね。

  • そうなんですよ、それも考えてるんです。後々…(ドクター:ゆっくり考えてみてください)

  • 後々ね、で、入れ歯になれたらずっと入れ歯でいってもいいと思うしね。

  • はい。

  • はい。

患者様情報
英語が堪能な日本人・女性鍼灸師
(ご主人がアメリカ人)
  • アメリカで15年間鍼灸師として働き、
    ガンや免疫疾患の患者さんの治療のために勉強
  • *
  • 失活歯が全身に悪影響を与える病巣感染
    (病巣疾患)説に辿り着く

治療前・症状

主な症状

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

  • 右上の2番(上顎右側側切歯)と5番(上顎右側第2小臼歯)は根管治療をした歯(失活歯)です。
    根尖病巣も無く、歯質も強く、歯槽骨の状態も良いです。
    日本の殆どの歯医者は絶対に抜歯しない歯です。
    当医院でも抜歯はお勧めしませんでしたが、患者様の主訴が「ガンの予防のための失活歯の抜歯」ということで患者様の強い希望で抜歯しました。

治療内容・改善

主な治療内容

  • 自身はガンではないのにアメリカで失活歯の怖さを知り、ガンの予防のために失活歯を抜歯。

改善点

  • 卵巣癌の腫瘍マーカーCA125(基準値35U/ml以下)が異常値の117U/mlだったのが10分の1以下の11U/mlに下がり、基準値以内になった。
  • 酷い生理痛を伴う子宮内膜症が良くなるとは思ってもいなかったのに著しく改善してビックリ!
    改めて失活歯の怖さを自身の症状の改善で知った。

治療前後の口腔内

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

*

入れ歯を装着!

入れ歯を装着
  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

患者様者様のお話より
ジェリー・テナントという自然療法学のテキサス州の医師のクリニックには、アメリカだけでなく海外からもガン患者が来院します。
97%のガンは根管治療をした歯(失活歯)が原因という考のもと、根管治療をした歯(失活歯)を抜歯しなければ治療を受け付けません。
根管治療をした歯(失活歯)を抜歯後、高濃度ビタミンC点滴療法、グルタチオン点滴、ホメオパシーを行うことで、治療成果を上げています。
肩こり、腰痛、関節痛、頭痛、不眠、慢性疲労、イライラ、アレルギー、
掌蹠膿疱症、電磁波過敏症、高血圧etc…

口腔内の歯科金属や樹脂(レジン:化学物質)を除去したり、噛み合わせを改善したり、入れ歯の形を改善することで身体の症状が改善します。
また、歯を削らずに身体の調整をすることで噛み合わせが改善し、結果的に全身の症状が改善することがあります。
歯磨き剤(経皮毒:化学物質)の改善や虫歯菌・歯周病菌などの悪玉細菌の除去でアレルギーや全身症状も改善します。