医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Denture

予防歯科の会への参加ご案内

歯が悪くなる前に
予防することが大切です

*

8028CLUBにご参加頂き、定期検診受診というほんの少しの時間と費用が皆さんの日々の大切な日常をより豊かなものとしてくれると私達は信じています。
悪くなって困ったら歯科医院に行くのではなく、困らないために歯科医院を利用して欲しいと思います。
そのために、この資料を良くお読み頂き、よくご理解頂いた上で、
歯科定期検診/予防処置を受けて頂けたら嬉しく思います。

歯科定期検診/予防処置を受けて頂くことによるメリット

歯を守ることができます

*

現在、日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本です。
それに対し、スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本です。
この違いは、欧米諸国と日本の歯科定期検診の受診率に大きな差があるからと考えられています。
予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、歯科定期検診の受診率は、全国民の80%以上です。また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率を保っています。
これに対し、日本の受診率は10%未満です。
高校までは、学校歯科検診があり、受け身の姿勢でも歯科検診を受ける機会がありますが、それ以降は定期的な歯科検診を受ける機会が圧倒的に少なくなってしまいます。
それにより、どうしても悪くなって問題が発生してから、歯科医院に行くことになってしまいます。
問題が発生してから、歯科医院に行くと、嫌な思いをして治療し、一時的には良くなるものの、また悪くなり歯科医院に行くというような悪循環が始まってしまいます。
歯科医院で定期検診/予防処置を行うというように、問題が起こらないように歯科医院を利用して頂ければ、歯を守ることができるのです。
また治療後の修復物(詰め物、被せ物など)は人工的なものですので、装着したその日から劣化が始まります。定期検診/予防処置を受けて頂くことは、治療後の修復物(詰め物や被せ物)を長持ちさせることにも繋がりますし、もし虫歯や歯周病が再発しても、早期であれば治療も少なくてすみます。

当院で装着した自費の修復物に関しましては、歯科定期検診/予防処置を受けて頂いている方に限り、
修復物の保証期間を5年にさせて頂いております。

さまざまな病気(がん、糖尿病、心臓病、関節炎、アルツハイマー病など)の
予防に効果があります

当院では、歯科治療により、全身の病気が改善することを多く経験しており、歯と全身に深い関係があることを痛感していますので、全身の病気を予防する意味でも歯科定期検診/予防処置を受ける大切さをこれまで発信してきました。
メタボリックドミノという言葉を聞いた事はありませんか?
下の図にあるように、メタボリックシンドロームが進行すると、ドミノ倒しのように、高血圧や動脈硬化が起こり、さらには死に至るような脳血管障害や心疾患などの重大な病気が引き起こされることを表した言葉です。
ここで重要なことは最初のドミノを倒さないということです。
一度倒れ始めたドミノはなかなか止めることができません。
この最初のドミノに関係する病気が虫歯や歯周病なのです。歯を失うことにより咬むことができなくなると、栄養の偏りや脳への血流量の低下が起こりますし、虫歯や歯周病の原因となる口腔内細菌は、血管に侵入することにより動脈硬化を引き起こします。
従って、歯科定期検診/予防処置により、虫歯や歯周病を予防をすることは、メタボリックドミノをできるだけ上流でくい止めることを意味しています。

メタヴボリックドミノ
*

現在、厚生労働省が推進している国民健康づくり運動(健康日本21)の6つの柱の一つが歯の健康です。
これは、歯の問題がメタボリックドミノの最初のドミノに関係し、歯の健康がさまざま病気を予防することが分かってきたからです。
このように、全国的に歯科定期検診/予防処置を受けることは、『歯の健康を守るため』から『全身の健康を守るため』という目的に変わりつつあります。

歯がきれいになり爽快感を得ることができます。

当院に歯科定期検診/予防処置のために来院される患者さんは、皆さん笑顔で来院され、より笑顔になって帰られます。
治療とは異なり、苦痛がなく、むしろ歯がきれいになり爽快感があるからです。

実際には歯や全身の健康を守るためという理由より、
その気持ち良さで歯科定期検診/予防処置を継続されている方も多いです。

デメリットよりもメリットが
大きい定期歯科検診/予防歯科

歯は自然治癒することがありませんので、失った場合には、人工的な修復物で補う治療が必要になります。
その場合には、患者さんの苦痛や、経済的負担が大きくかかります。
また、どんな良い修復物であっても、ご自身の健康の歯に勝るものはありません。必ず何かしらのデメリットがあります。
修復物の異物感や見た目、残っている歯への負担増など、時に受け入れがたいデメリットもあるかもしれません。そのような時、皆さん必ずそうならないようにすべきだったと後悔します。

2012年に行われたGooリサーチとプレジデント編集部の共同調査では、「健康」の後悔第1位が、歯の定期検診を受ければよかったというものでした。

「健康」の後悔トップ20

  • 歯の定期検診を受ければよかった

  • スポーツなどで体を鍛えればよかった

  • 日頃から歩けばよかった

  • 腹八分目を守り、暴飲暴食しなければよかった

  • 間食を控えればよかった

  • 頭髪の手入れをすればよかった

  • たばこをやめればよかった

  • ストレスの解消法を見つけておけばよかった

  • よく笑い、くよくよ悩まず過ごせばよかった

  • 不規則な生活をしなければよかった

  • なんでも相談できる医師を見つけておけばよかった

  • バランスを考えて食事をすればよかった

  • 早寝・早起きをすればよかった

  • 肌の手入れをすればよかった

  • 悩み事を相談できる相手を見つけておけばよかった

  • 定期的に健康診断を受ければよかった

  • 軽い不調を悔らず早めに治療すればよかった

  • ボケ防止のためもっと脳を使えばよかった

  • 眼の定期検診を受ければよかった

  • 体にいいものを積極的に食べればよかった

調査概要:55~74歳の男女1000人に緊急アンケートを行い、その本音に迫った。現役世代の人たちが今からやるべきことを調べるために、先輩方の「後悔していることトップ20」が発表された。
この調査結果をふまえて、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生により、歯の健康を保つことこそ長寿の秘訣であり、毎食後の歯磨きはもちろん、虫歯がなくても2~3ヶ月に一度は歯科定期検診を行ってもらうようにアドバイスされています。

定期検診/予防処置を受けて頂くことに関してのデメリットは、ほんの少しの時間(約1時間)と費用(一回約3千円)をかけて頂くことです。
それにより得られるメリットは、デメリットよりも遥かに大きいものとなることは間違いありません。

当院での歯科定期検診予防処置の内容とこだわり

現状把握、経時比較のための
検査・記録

一般的に行っている検査(保険対応)
  • 視診
  • 歯周組織検査
  • 左首筋が痛みが取れた
  • 左目もスッキリ
*
さらに必要でご希望の方には
  • 虫歯のリスク検査
  • デジタル虫歯診断器による検査
  • 歯菌や歯周病菌の遺伝子検査(自費検査)

なども行うことで、より高いレベルの
予防管理が可能になります。

私達が治療を行う場合には、治療をしなかった場合よりも治療した場合の方がメリットが大きいと判断した場合に治療を行います。
その判断には検査や写真などのデータによる経時比較が非常に重要です。
例えば、虫歯が見つかったとしても、きちんとした予防処置を続けることで進行させないようにすることも可能です。
なぜ出来るだけ削らないようにするかというと、削って詰めた場合には、またその部位が虫歯になりやすくなるからです。患者さんの苦痛を回避できるだけでなく、虫歯予防のためにもできるだけ削らない方が良い場合も多いのです。
また、歯周病の状態に関しても、毎回歯周組織検査をきちんと行い、その結果を患者さんと共有することが重要です。
歯周組織検査の表は、悪い箇所には色をつけて、視覚的に状態を判断しやすいように表示しています。悪い箇所がなく、状態が良いほど、歯周組織検査表の色合いがモノトーン化します。
カラフルな歯周組織検査表ではなく、常にモノトーン色の歯周組織検査表となるような歯周病の管理を目指しています。
このように私達は、定期検診を受けて頂いているすべての患者さん個々の検査や写真などのデータをデジタル管理し、経時変化を診る事で、慎重に虫歯や歯周病を管理しています。

  • デジタル化で的確な治療 機会・設備紹介

現状を歯科衛生士と共有し、
今後についてのご相談や
アドバイス

現状維持や問題のある場合には改善のための方法を口腔衛生の専門家である歯科衛生士が患者さんと一緒に考えていきます。
気になることやご心配なことなどがあれば、担当した歯科衛生士が親身になってご相談を致します。

歯科衛生士による予防処置
(リスク低減処置)

歯科衛生士によるプロの歯ブラシ当てを実感して頂きます。
その後、歯科医院でしかできない専用器具を用いて、歯のクリーニングを行います。
着色やタバコのヤニなどが多い方は何回かに分けて行うこともあります。
患者さんの状態やご希望によってはさらに高いレベルでのケア(ホワイトニングや歯肉マッサージ、マウスピースによる除菌など)を行う事もあります。

8028CLUBへのお問い合わせ

健康な歯を1本でも多く残そう、80歳まで健康な28本の歯を残そうという願いから予防歯科の会8028CLUBを立ち上げました。
日本歯科医師会や厚生労働省が推薦している8020運動よりも、もっともっと目標を高く設定し、今ある歯をしっかり定期健診で予防し、80歳になった時20本より多く残ることを目標としています。
8028CLUBに参加頂いている方は皆さん、何か問題が起こってから歯科医院に通院するのではなく、問題が起こらないように歯科医院を利用して頂いています。
ぜひ、皆さんも当院で私達と一緒に、健康な歯をそして健康な身体を守っていきませんか?
資料をお読み頂き、もし当院の考え方に賛同できる方がいましたら、ぜひご参加頂けたら嬉しく思います。