医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Case

全身歯科治療の治療例 20

歯科金属の除去、根管治療歯の抜歯
好酸球の数値(血液検査値)が異常に高かったのが、

10分の1に下がり正常の範囲内に戻った!
酷い肌荒れ・慢性頭痛・
慢性疲労
も治った!

患者様インタビュー動画

動画を再生する

動画内の会話を読む

  • 2019年4月22日、本日治療が終わりました。
    口の中の金属を取って、神経を抜いている歯(根管治療をしている歯)を抜きました。どのような点が変わった(改善した)か言って頂けますか?

  • 治療を終わってすぐに、わかりましたのが、血液検査の数値が凄く改善したことがあって一番でそれから徐々に頭痛ですとか、倦怠感が改善してきましたので本当に歯の治療を受けてよかったと思います。

  • 血液検査のどの数値が良くなりました?

  • 好酸球

  • 好酸球の値が変わりました?

  • はい、以前まであの~、普通の正常値の10倍くらいあったんですけど、今は正常値まで戻りました。

  • 正常値の10倍あった?

  • はい

  • 正常値に戻ったんですね。あと、アレルギーとかも治ったんですね?

  • そうですね、結構、肌荒れが酷かったんですけど、全く見た目わからないくらいになりました。

  • 肌荒れがもう全く(見た目)わからなくなるくらいまで改善した?頭痛も改善していったんですね?

  • はい、そうです。徐々に。

  • そんなところですか、治ったところは?疲れ易さも?

  • そうですね、頭痛と一緒に倦怠感もかなり改善しました。

  • いろいろ、多岐に渡った症状が歯の治療で改善いたということで、神経抜いている歯があと何本かあるんでね、こういうの(根管治療をした歯)を抜くともっと良くなるかなーっていうところも有るんですけども、それはちょっと様子を見ましょう。

    今、神経を抜いている(根管治療をした歯)を2本だけ抜かせて頂いたんですけども、そこはとりあえず、一旦入れ歯を入れておいて、入れ歯のままずーっといくことも可能ですし、将来入れ歯が嫌だということであればインプラントを充分に打てる骨があるんで、そこはよく考えてください。

    何年考えても構いません。5年後でも、10年後でも(インプラントに)したいなぁーと思ったら(インプラントを骨に)打てるし、入れ歯でええなぁーと思ったらこのまま入れ歯でいくこともできます。

治療前・症状

主な症状

  • 酷い肌荒れ
  • 慢性頭痛
  • 慢性疲労
  • 好酸球の数値(血液検査)の異常値

治療内容・改善

主な治療内容

  • 歯科金属の除去(ゴールドの除去)
  • 根管治療歯の抜歯(病巣感染、病巣疾患対策)

好酸球の数値(血液検査)の
改善の推移

  • 術前:血液検査結果 拡大して見る

    術前

  • *
  • 術後:血液検査結果 拡大して見る

    術後

正常値5.0以下に戻った!
正常値/1.0~5.0(単位:%)
好酸球の数値
好酸球の数値

治療前後の口腔内

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

  • 治療前

    治療前

  • *
  • 治療後

    治療後

肩こり、腰痛、関節痛、頭痛、不眠、慢性疲労、イライラ、アレルギー、
掌蹠膿疱症、電磁波過敏症、高血圧etc…

口腔内の歯科金属や樹脂(レジン:化学物質)を除去したり、噛み合わせを改善したり、入れ歯の形を改善することで身体の症状が改善します。
また、歯を削らずに身体の調整をすることで噛み合わせが改善し、結果的に全身の症状が改善することがあります。
歯磨き剤(経皮毒:化学物質)の改善や虫歯菌・歯周病菌などの悪玉細菌の除去でアレルギーや全身症状も改善します。