医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Case

全身歯科治療の治療例 7

新しい入れ歯を装着した
瞬間に
手すりを持たずに
スムーズに階段を上がれる
ようになった!

患者様インタビュー動画

動画を再生する

治療前・症状

古い総入れ歯を入れたまま来院
(新しい総入れ歯を製作中)

主な症状

  • 手すりを持たなければ階段を登ることができない

治療内容・改善

主な治療内容

  • 新しい総入れ歯装着
    古い総入れ歯を外し、新しく出来上がってきた総入れ歯と交換

改善点

  • 瞬時に手すりを持たなくても階段をスムーズに登れるようになった

歯(や入れ歯)を触ると
なぜ、
瞬時に劇的に身体が
変化をするのか?

歯を触ると三叉神経を通して脳に刺激が伝わります
*

12肢ある脳神経の中で歯を司る第5肢の三叉神経は、下の図の水色の部分で脳神経の中で最大です。新しい総入れ歯を入れると三叉神経を通して脳に刺激がダイレクトに伝わります。
正しい入れ歯(正しい高さ、正しい形態)を入れると三叉神経を通して脳に正しい刺激が伝わり、その結果、脳から全身に正しい指令がでて、瞬時に手すりを持たなくても階段をスムーズに登れるようになったのではないかと考えています。
【噛み合わせ治療の第一人者:藤井佳郎先生説】

肩こり、腰痛、関節痛、頭痛、不眠、慢性疲労、イライラ、アレルギー、
掌蹠膿疱症、電磁波過敏症、高血圧etc…

口腔内の歯科金属や樹脂(レジン:化学物質)を除去したり、噛み合わせを改善したり、入れ歯の形を改善することで身体の症状が改善します。
また、歯を削らずに身体の調整をすることで噛み合わせが改善し、結果的に全身の症状が改善することがあります。
歯磨き剤(経皮毒:化学物質)の改善や虫歯菌・歯周病菌などの悪玉細菌の除去でアレルギーや全身症状も改善します。