医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Key Point

全身歯科治療への経緯 06

*
*

06

100年前より現在まで、
著名な歯科医師によって
語り継がれる
真実を知る!

全ての歯科医師が安全と信じている根管治療をした歯(失活歯)は
口から離れた全身の様々な病気の引き金になっている!?

信じられないほど重要な業績
100年前より現在まで、
著名な歯科医師によって
語り継がれる真実!

齲蝕は命さえ奪う疾患である・根管治療歯には治療で除去しきれない細菌が潜んでいて全身疾患の原因になりうる。
1本でも多く歯を残すことをスローガンにあげている歯科界(根管治療の学会など)に激震!

ウェストン・A・プライスが20世紀初頭に25年にわたり、大きな努力を傾けて達成した偉大な成果」
つまり、「臨床歯科医が日常、当たり前のように行っている根管治療(=歯の神経の治療=歯の根の治療)を行った歯(歯質が細菌や毒素に汚染されている)は後に全身に重篤な副作用がある」という隠蔽されてきた事実を知ったマイニー博士は、これが世間に広まれば多くの慢性病患者を救えるかもしれないという想いで敢然と告発に踏み切る決意をしました。
自らが設立メンバーとして関わった米国歯内療法学会(AAE)など専門家として属していた学会組織とも、高名な専門医として長年交流してきた同僚とも、訣別せざるを得ませんでした。
米国歯内療法学会(AAE)は根管治療の学会です。根管治療という医療行為自体を否定する為です。
今日、世界が直面している健康関係の問題の中では、歯科学と医学それぞれの領域が接点を見つけて交流しあうことほど根本的な課題はありません。この問題の進展を妨げているのは、「正統派」の歯科学・医学です。

プライス博士の大業をもう一度世に問い、知らせて大改革をしようとジョージ・E・マイニーが立場を捨て使命感に燃えて「Root Canal Cover-up」という本を書き上げました。ジョージ・E・マイニー博士に翻訳出版の許可をもらい片山恒夫先生監修のもとNPO法人 恒志会が翻訳し、「虫歯から始まる全身の病気」として出版されました。

ウェストン・A・プライス博士の
偉大な功績が今蘇る!

ウェストン・A・プライス博士

ウェストン・A・プライス博士

アメリカ歯科医師会研究所の初代所長

自ら立ち上げた学会での立場を捨て、米国歯内療法学会(AAE)との決別を覚悟で隠蔽されてきたウェストン・E・プライスの偉大な功績を世に伝えるため、使命感を持って「Rootc Canal Cover-up」という本を執筆。

*

ジョージ・E・マイニー博士

ジョージ・E・マイニー博士

米国歯内療法学会(AAE):
米国の根管治療の学会の創立メンバー

自ら立ち上げた学会での立場を捨て、米国歯内療法学会(AAE)との決別を覚悟で隠蔽されてきたウェストン・E・プライスの偉大な功績を世に伝えるため、使命感を持って「Rootc Canal Cover-up」という本を執筆。

*

片山恒夫先生

片山恒夫先生

1910~2006 
日本の歯科界の歴史に残る歯科医師

ジョージ・E・マイニー博士に出版の許可をもらい「虫歯から始まる全身の病気」を監修・NPO法人恒志会翻訳、出版。
ウェストン・A・プライスの功績を日本の歯科医師に広めた。
片山恒夫の立ち上げた恒志会は先生の死後も医療理念・医療を受け継ぎ活動しています。

*

奥田克爾先生

奥田克爾先生

歯科界の重鎮 歯科細菌学の第一人者 
東京歯科大学名誉教授

母校・東京歯科大学創立120周年記事や書籍・講演で現在もなお輝く。
ウェストン・A・プライスの偉大な功績を現在も伝えている。
ジョージ・E・マイニー博士は「米国歯内療法学会(AAE):米国の根管治療の学会」の創立メンバーとして65年間同学会に参加。2008年5月2日、93歳で逝去されました。
マイニー博士はこれまでに国内外で功績を認められ数多くの表彰や賞を受けています。
例えば、カリフォルニア州紳士録、米国歯科学会や国際応用栄養学学会、プライス・ポテンジャー栄養財団の特別会員待遇である。
メキシコからはCertificado de Asistenciaを受けている。
ドイツのケルンにある国際歯科医師連盟(the Federation dentaire International)からも同様に表彰されている。