医療法人 OMSB

大阪・豊中市の中垣歯科医院
/ 岡町駅 徒歩10分

  • お問い合わせ:06-6841-8217
  • 初診限定 WEB仮予約

MENU

Key Point

全身歯科治療への経緯 07

*
*

07

東京歯科大学創立120周年記念記事
歯科界の重鎮 奥田克爾先生

ウェストン・A・プライスの偉大な功績
「口腔慢性感染症は重篤な疾患の引き金になっている」
を紹介した記事。

歯周病治療において歯周病菌の研究を行っていた私は奥田克爾教授の論文、書籍は以前から読ませていただいていましたが、歯科における細菌学の第一人者の奥田先生が母校の東京歯科大学創立120周年記念記事(平成22年5月)にウェストン・A・プライスの偉大な功績について投稿されていました。
奥田先生は講演でもウェストン・A・プライス博士の偉大な功績の話はされています。

奥田先生の著書

【史上最大の暗殺軍団 デンタルプラーク:奥田克爾著 医師薬出版株式会社 2016年3月20日発行】などの書籍の中のにもウェストン・A・プライス博士の偉大な功績の話は書かれています。
ウェストン・A・プライスのオーラルメディスンの先駆者として、「口腔慢性感染症は重篤な疾患の引き金になっている」ことについて研究した業績が100年以上の年月を越えて今も燦然と輝いていることを知り、増々、歯と全身の密接な関係に興味を持つようになりました。

白澤先生の著書

最近、テレビでも活躍されている白澤卓二先生の監修・訳された【ココナッツ・オイルプリング 病気の予防と改善に役立つやさしい健康法:ブルース・ファイフ著 医道の日本社 2014年10月31日発行】の中にもウェストン・A・プライス博士の偉大な功績の話が詳しく解りやすく書かれています。

*
白澤 卓二 先生
順天堂大学大学院医学研究科、加齢制御医学講座 教授、白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士、お茶の水健康長寿クリニック 院長

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。
1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。
東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。
専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』『アルツハイマー病 真実と終焉』『アルツハイマー病が革命的に改善する33の方法』『Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる』など300冊を超える。
また、毎日新聞木曜夕刊、各企業誌などにアンチエイジングに関する記事を連載中。テレビ番組『世界一受けたい授業』『林修の今でしょ!講座』『この差って何ですか?』『モーニングCROSS』などに出演、わかりやすい医学解説が好評を博している。